行ける時に行く

行ける時に行く

FX取引ビギナーがFXの肝心なところを探し出すためには、第一に学習を重ねていく事が重要です。

 

特に、先に危険性を気付くようにするためには、失敗を積み上げることも大切です。

 

無論、ミスをするといっても再起できないほど決定的なミスをする事は問題外です。

 

やり直せるぐらいの失敗を数回実践する事が、最終的にあなたのレベルを上げてくれます。

 

そう考えると最初はわずかな資金で売り買いをして簡単な負けを経験することを推奨します。

 

例えとして、100万円だけしか投資する余裕が無い状況で最初から100万円を全て投入して売買すると、負けた時金輪際やり直せないリスクがあります。

 

そのため、仮に資金の10分の1ずつ分割して売買して、エントリーを繰り返したほうが所徐にミスを減らす術なども覚えるはずです。

 

まずはじめに少額資金でエントリーする事の有益なところは、既出の通り、あなたの取引経験を増やし、ミスを管理する手法を学習していく事にありますが、それと同時に、取引の回数を多くして、偶然性を減らす事ができるというメリットもあります。

 

一例として、1度限りのエントリーで勝率が二分の一だとします。

 

すなわち、同じく5割の確率で負ける危険性もあります。

 

勝率50%ということは半分の確率で勝利できる事を意味している。

 

だけど、全ての資金を注ぎ込んで勝負をするということは、勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

これはたんにギャンブルと同じです。

 

それは全ての投資資金を投じて1回のみしか売買しないと、損する比率が高くなります。

 

これを避けるために、お金を全てつぎ込むのではなく、何回もに分けて、回数を積み重ねる事がリスク分散となる。

 

ただしいくつかに分けたとしてもすべての取引で勝利する事は重要ではありません。

 

正確に言うと、勝つことが出来ないのが現実だ。

 

売買で重要なのは、勝ち負けの回数ではなく、どのくらい利益を出すかです。

 

勝率5割でもまた3割でも儲かる時は儲かります。

 

7割負けても損失が小さければ、3割の勝利のプラスだけでうまく利益を上げられます。

 

そのために重要な事は、損を小さく、利益を大きくを心がけることだ。

 

損失が出たら素早く損切りし、それとは逆に儲けられる場合は可能な限り大きく利益を上げることがFX投資の経験の浅い方が外為取引で勝つための手段です。

 



関連記事

  1. 悩めるムダ毛処理
  2. 行ける時に行く
  3. テスト