焦りは禁物

焦りは禁物

私は24歳のころに2つ年上の方とお付き合いしていました。 それまでは直感的に「この人好き!」と思った人とばかり付き合っていたのですが、その彼は直感というよりは条件で選んだ彼でした。 好き!と直感が働く前に条件的に高収入であること、安定した職種であること、歳が離れすぎていないこと、彼の両親ともに安定した職についていること、次男であること...。 そんなふうに条件を考えて、早く結婚したかった私はこの人しかいない! 付き合ってみればきっと好きになれる。 そう思って結婚を前提にお付き合いすることになったのです。 でも現実は思ったよりも厳しいものでした。 好き!と強く思う心があれば彼の欠点ですら可愛く、愛おしく思えるのでしょうが...。私は彼の些細な欠点すら許すことができずにイライラするばかりで 結局2年ほどお付き合いしましたが結婚には至らずお別れしてしまいました。 当時は結婚というものに焦りすぎていました。 そして結局は遠回りする結果に。 彼のいいところを見つけるよりも完璧主義の理想を押し付けてイライラしてしまっていたなと思います。 やはり何事にも自分の余裕がなければうまくはいかないと考えさせられました。 http://xn--gmqp92d3lh9lz.net

関連記事

  1. レシートが貼れる家計簿
  2. 焦りは禁物
  3. テスト